FC2ブログ

困難な時こそ組織の力


かっちんの青商会物語


日刊イオより




おとといまで、被災地である岩手に行っていました。
滞在したのは3日間だけでしたが、その間いろんな同胞たちに話を聞くことができました。
沿岸地域の数ある被災地の中で、私は大船渡に行ったのですが、
テレビや新聞で見る瓦礫の山はまさにそのままで、かろうじて瓦礫の間に車が通れる道ができているくらいでした。
津波の力で家の上に乗っかってしまった家、建物と建物の間に乗っかった車など、そのままの状態でした。
元の町がどうだったかなんて、到底想像もできません。
津波の威力のすさまじさを感じたし、この中で同胞たちが助かったのが奇跡のように思えました。


震災から1ヵ月以上経って、被災地では当初とは異なる解決課題が出てきていました。
ライフラインも徐々に復旧しだして、個々人が自分の今後の生活に対してようやく落ち着いて考えられるようになり、動き出しています。
住宅問題、そして仕事の再開が、大きな課題です。
現在、仮設住宅の建設は用地の確保などの困難から大幅に遅れています。
また、被災者の仕事の問題に関しても、すぐには解決できない構造的な理由がありました。
今回取材に行った大船渡の場合、主な地元の産業が漁業であるため、
まずは港の復興がなされないと、そこに付随する飲食業などの復興は難しいと、被災した同胞は話していました。
田舎町であるため雇用も少なく、ふたたび自営の店を再開させるしか生計のめどが立たないのです。

大船渡で出会った同胞たちはみんなそれぞれ、家や自営の店舗を流された人たちでした。
私が印象的だったのは、各々が前を向いている姿でした。
家や店舗を流され、何も残らなかったとしても、時間は流れていき日々の生活は差し迫ってくる。
気を落としてばかりいられないというきびしい現実の中で明日のことを考えている同胞たちがたくましく映りました。

いわゆる「過疎地」の同胞社会の中での人と人とのつながりについても、今回の取材を通じて再認識しました。
岩手は他の被災地である宮城や福島、茨城よりも同胞数が少なく、ウリハッキョもありません。
同胞一人ひとりの存在が貴重な岩手の同胞社会に対し、
今回の震災がもたらした被害は、目に見えること以上に甚大です。
総聯県本部委員長をはじめ、少ない同胞たちが一丸となって駆け回り、被災した同胞たちを物心両面で支えていました。
はたから見ている私からしても、倒れてしまうのではないかと心配になるくらい、動き回っていました。

そんな中、被災同胞たちが口々に語っていたのは、悲しみや苦しさではなく、
たくさんの同胞たち、そして祖国への心からの感謝の言葉でした。
店舗を流失したある同胞は、近年総聯との付き合いをあまりしてこなかったそうですが、
今回祖国からの慰問金を受け取って本当にありがたかったとこぼしていました。
まさか自分達がもらえるだなんて思わなかった、本当に本当に感激したんだと言っていました。
総聯県本部の対応からも、守られていると実感したし、「負けずにがんばろう」という気持ちがわいてきたといいます。
そして、盛岡にある県本部事務所に行った際、日本各地から送られてきた救援物資の多さを見て、改めて力を得たと話していました。


困難な時ほど、組織の力、人と人とのつながりがどれだけ力強く、ありがたいものなのか、
今回の取材をとおして肌で感じました。





かっちんの青商会物語


カーター氏ら訪朝 “外交ショー”

産経新聞 4月26日(火)19時51分配信

 【ソウル=加藤達也】カーター米元大統領が26日、空路平壌入りした。北朝鮮の強いラブコールを受けての訪朝で、帰途にはソウルに寄り韓国政府高官とも会談する。南北緊張緩和の仲裁役を買って出た形での訪朝だが、韓国では食料支援を国際社会に訴える北朝鮮主導の“外交ショー”にすぎないとの否定的な見方が広がっている。

 今回の訪朝の効果について、韓国政府の一部には、北朝鮮による非核化の意思表示や武力挑発への謝罪の示唆があれば、南北対話の進展や緊張緩和に役立つとの希望的観測がある。カーター氏も出発前、金正日総書記や後継者の三男、正恩氏との「非核化会談」に強い意欲を見せた。

 ただ、カーター氏にはノーベル平和賞受賞者の前フィンランド大統領、アハティサーリ氏や離任後に国連人権高等弁務官に転じた前アイルランド大統領、ロビンソン氏ら「人道や人権、紛争解決の世界的有識者」(韓国政府高官)が同行。

 その訪朝団を受け入れる北朝鮮側の意図に、韓国側は「国際社会に対北支援を訴えるための役者をそろえ、支援ムードを創出する外交ショーだ」(対北交渉筋)と警戒感を示す。

 北朝鮮への不信感が強いメディアの論調なども厳しい。26日付の朝鮮日報は、カーター氏が記者会見で哨戒艦撃沈や延坪(ヨンピョン)島砲撃など北朝鮮側の問題には一切触れず、「食料不足の原因を韓国に転嫁している」と批判。25日付の文化日報には韓国政府関係者の「カーター氏は北に好意的。訪朝に大きな意味はない」と断じる談話が掲載された。

 一方、カーター氏訪朝と合わせるように中国の6カ国協議首席代表、武大偉朝鮮半島問題特別代表が26日に韓国入りした。訪韓目的について武代表は「6カ国協議について、中韓の立場の調節だ」と述べ、協議再開に向けて慎重姿勢を崩さない韓国を“説得”に来たことを隠さなかった。

 韓国が置かれた立場について韓国政府系研究機関の幹部は「韓国は6カ国再開で核実験を防ぎたい米国、北朝鮮への影響力を見せたい中国、食料支援を受けたい北朝鮮-という3カ国の間で漂う存在だ。米中の圧力に屈して北への謝罪や非核化要求を取り下げれば、わが国は北朝鮮から何も得られない」と指摘している。 



かっちんの青商会物語


もう駆け引きはいいから早くしっかりした形を残してもらいたい。

在日社会の為にも・・・  



スポンサーサイト



コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

kansunun

Author:kansunun
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR